| EN |

富田菜摘:画廊からの発言―新世代への視点2010
展覧会
執筆: カロンズネット編集   
公開日: 2010年 7月 26日

画像提供:ギャルリー東京ユマニテ

新世代への視点2010参加展覧会。

富田菜摘(とみたなつみ)は 1986 年東京生まれ。多摩美術大学油画科在学中の 2007 年にギャルリー東京ユマニテで初個展、同年KIAF(韓国アートフェア)に出品。その後、東京、名古屋、大阪のギャラリー、「ふなばしアンデルセン公園子 ども美術館」で個展を開催。また、浜田市世界こども美術館、妻有アートトリエンナーレ「里山アート動物園」、「高島屋美術水族館」など多くのグループショ ウで作品を発表。その他、町田市市民病院、日本橋三越ショールーム等での作品展示、廃材を使ったワークショップなど多方面で活躍する、現在最も注目される 若手作家のひとりです。さらに昨年は、シンガポールに滞在し、現地で集めた廃材を素材に制作し、ギャラリーでの個展も行い好評を博しました。

富田の代表的な作品は、既に廃棄された自転車や電子、事務機器などの金属廃材をバラバラに分解し、再度、縦横 に合体、組み立てられたカメやザリガニ、ワニなどの生き物の作品で、これらは無骨な廃材から生まれ変わって、何ともキュートで愛らしい表情の作品に姿を変 えていきます。これらの立体作品は、大きいもので約2m、中には椅子のキャスターをそのまま仕込んだものもあり、大人も優にその上に跨いで乗ることもできるようになっています。

富田が金属廃材の作品と並行して取り組み始めたのが、今回のメインとなる新聞や雑誌のコラージュで等身大に作 られた人体作品で、タイトルは「さんざん待たせてごめんなさい」。
10体の人物それぞれには富田がイメージしたキャラクターと架空の名前が付けられています。「鈴木虎之介」なるメタボなおじさんは新聞の健康欄に見入り、株式 投資が趣味の経済じいさん「山崎俊二」は日経新聞の株式指標で、スーパー帰りの主婦「田中俊子」は安売りチラシで、モテキャラ女子大生「山田友里」は雑誌cancam で、どこか不安げな海外からのビジネスマン「ジョージ・ウィリアムズ」はジャパンタイムスでと、彼らの表情や服装、スタイルはそれぞれを象徴す新聞や雑誌 の切り抜きで驚くほど精巧に作られています。偶然、同じ行列に並んだ10 人は、それぞれの人生を抱えて当たり前のように日々過ごしている私たちの隣に存在する、そんなリアル感にあふれています。

今回は、ギャルリー東京ユマニテにおいて 3年ぶりの個展となり、今までの金属作品から一転、人体の作品を中心に平面作品も発表いたします。ここ3年で国内外の個展、グループ展、作品展示、ワークショップとさまざまなステージで活躍してきた富田の、東京での久しぶりの大規模な新作展です。次々と新たな展開に挑戦する富田菜摘の新作展をどうぞお見逃しなく、是非ご高覧下さい。

また、ほぼ同時期に「日本橋高島屋美術画廊 X」において、小学生を対象として日常品を素材に作品を作るワークショップと近作の展示も行います。併せてご高覧下さい。

※全文提供: ギャルリー東京ユマニテ


会期: 2010年7月26日(土)-2010年8月7日(土)

最終更新 2010年 7月 26日
 

関連情報


| EN |