| EN |

企画展Ⅲ 「core of bells | WEEKEND」
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2020年 10月 25日

《WEEKEND》2018-2020

2003年、ハードコア・パンクバンドとして藤沢市で結成したcore of bellsは、実験的な音楽活動を行ってきました。彼らは、ジャンルの垣根を超えて美術家やパフォーマーとコラボレーションを繰り返す中、観客と「共有する時間」を音楽として捉えるようになります。現在は、楽器を演奏するだけでなく、まるで演劇のようでそうでない、観客を巻き込んだ時に挑発的で時に退屈なパフォーマンスを行っており、その手法は、発表の度に多様になる一方です。
彼らをもはや、ハードコア・パンクバンドという音楽の一ジャンルとしては語れません。しかし、彼らが演出する作品は、ステージ上ではなく日常的な空間に拡張していくような新たな音楽として確かに体感できます。
core of bellsにとって、展覧会形式での初の発表となる本展では、2年間かけて制作してきたプロジェクトである「WEEKEND」を映像とインスタレーションで展開します。
2011年以降、「幽霊」「気配」「退屈」を作品のテーマとしてきた彼らが今回描くのは、近未来、緩やかに崩壊した後の世界で、過去の記憶を再演し続ける人々です。登場するものたちが様々な形で再演する退屈は、私達の現在の日常を反映しています。そして鑑賞者は、映像から取り残されたように配置されたインスタレーションとその映像をシンクロさせて作品全体を見ることで、「気配」や「幽霊」も感じとることができる空間となるでしょう。

https://www.city.fujisawa.kanagawa.jp/bunka/FAS/exhibition/index.html

全文提供:藤沢市アートスペース


会期:2020年10月10日(土) 〜 2020年12月20日(日)
時間:10:00-19:00(入場は18:30 まで)
休日:月曜日 ※ただし11月23日は開館、11月24 日(火)は休館
会場:藤沢市アートスペース

最終更新 2020年 11月 25日
 

関連情報


| EN |