| EN |

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」第1期
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2020年 7月 04日

トーキョーアーツアンドスペースレジデンス2020 成果発表展「デイジーチェーン」

トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では、2006年よりレジデンス・プログラム「クリエーター・イン・レジデンス」を開始し、東京や海外の派遣先を舞台に、様々なジャンルや国籍のクリエーターたちへ滞在制作の機会を提供しています。本展では、2019年度にTOKASのレジデンス・プログラムに参加したクリエーターによる滞在制作の成果を発表します。
レジデンスで滞在制作を行うアーティストは、その土地の記憶や社会的構造に接続することによって、固定された視点を問い直します。小さな声や見過ごされてきた事実に光を当てる彼らの作品は、過去や遠く離れた国の出来事に留まらず、今ここにいる私たちに繋がる問題意識を内包した、世界の見方を更新する試みです。
ヒナギクの花冠を意味する「デイジーチェーン」は、コンピュータと複数の機器を繋ぐ接続方法の一つです。太陽の目(day’s eye)を語源とするヒナギクの花は、点と点を結ぶように個々を順番に繋ぎ、一つのネットワークを構築します。
本展では、世界各地のレジデンスで活動を行った15名のアーティストが、リサーチをもとに考察を深め発展させた成果作品を紹介します。時間と空間に接続することによって、新しい視点を獲得し、現在の社会を多様に映し出す作品にご期待ください。
※予定は変更になる場合があります。

参加アーティスト:
井原宏蕗 大坪 晶 キム・ジヒ 衣 真一郎 しまうちみか 北條知子 チャリントーン・ラチュルチャタ リ・カイチョン(李 继忠)

提携機関:
アトリエ・モンディアル(スイス、バーゼル)、クンストラウム・クロイツベルク・ベタニエン、ベルリン市(ドイツ、ベルリン)、クンストハレ・エクスナーガッセ(オーストリア、ウィーン)、センター・クラーク、ケベック・アーツカウンシル(カナダ、ケベック)、トレジャーヒル・アーティスト・ヴィレッジ、アーツ・イン・レジデンス台北(台湾、台北)、HIAP[ヘルシンキ・インターナショナル・アーティスト・プログラム]、フィンランド文化財団(フィンランド、ヘルシンキ)

トーキョーアーツアンドスペース本郷
〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-16
TEL: 03-5689-5331 / FAX: 03-5689-7501
https://www.tokyoartsandspace.jp/location/hongo.html

https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/exhibition/2020/20200704-6990.html

全文提供:TOKAS


会期:2020年7月4日(土) 〜 2020年8月10日(月)
時間:11:00-19:00
休日:7/6、7/13、7/20、7/27、8/3
会場:トーキョーアーツアンドスペース本郷

最終更新 2020年 8月 09日
 

関連情報


| EN |