| EN |

内海信彦展 New Innerscape Multiverse Series 2019
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2019年 8月 31日

出品作品より(部分、ミクストメディア)

内海信彦は宇宙創成から、生命の歴史、人間社会までを貫く根源的なエネルギーをテーマに、1985年以来絵画制作・発表を続けてきました。” Innerscape ”と題されたその作品は、意識、身体、物質が相互に作用しあうフィールドとして生成し、私たちそれぞれの「内宇宙」を視覚化させます。そこでは物理的自然、生命現象、そして人間の精神をも生み出すこの世界の「必然」が顔をのぞかせています。
内海の絵画技法は中国の山水画、なかでも「潑墨山水」に触発された独自の探求として出発し、1992年の長さ19mに及ぶ大作でひとつの頂点を迎えた後、一転、あらゆる色彩を豊かに開花させる方向へと変化しましたが、2013年の発表作から再び水墨へと回帰し、予測不能なダイナミズムをもって無限に流動する「宇宙山水画」とも言うべき境地に達しました。
このようにして抽象絵画の新しい地平を切り開いた内海が、今回の個展では近年繰り広げてきた屏風仕立ての形式から一転し、非連続ながら相互にエネルギーを交換し合い、収縮と膨張を誘発し合う多次元宇宙を想起させる空間を生み出します。

http://galleryk.la.coocan.jp/

全文提供:Gallery K


会期:2019年9月9日(月) 〜 2019年9月21日(土)
時間:11:30〜19:00 土曜日〜17:00
休日:日曜日
会場:Gallery K

最終更新 2019年 9月 16日
 

関連情報


| EN |