| EN |

福島菜菜 個展 「歩く花」
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2018年 9月 04日

出品作品より

福島菜菜は17歳の時に初めて読んだ夏目漱石の「夢十夜」がきっかけとなり「 歩く花 」のシリーズを描き始めたそうです。庭先の花にも心があるとしたら、彼らは何を思っているのだろうか。漱石の作品群の中でも特異な心象世界のリアルさ、奥行きの深さに感応した福島は、目に見える花の姿と、目には見えない花の心を溶かし合わせるように描き出します。流動する形と幻惑的な色彩をまとった花たちは歩くだけでなく、あたかも言葉を持ち、笑い、踊っているかのようです。

http://galleryk.la.coocan.jp

全文提供:Gallery K


会期:2018年9月10日(月) 〜 2018年9月15日(土)
時間:11:30~19:00 土曜日~17:00
休日:日曜日
会場:Gallery K

最終更新 2018年 9月 10日
 

関連情報


| EN |