| EN |

飯嶋桃代展「鏡とボタン―ふたつの世界を繋ぐもの」
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2018年 6月 14日

飯嶋桃代展 「鏡とボタン―ふたつの世界を繋ぐもの」

飯嶋桃代(b.1982)は 2011年女子美術大学大学院美術研究科博士後期課を修了。
日常にあふれる食器や衣服などを家型のワックスに閉じ込めた作品や、大掛かりなインスタレーションで注目を集める作家です。今回ユマニテでは4回目の新作展となり、鏡とボタンを手掛かりにしたインスタレーションを発表します。また、今回は公益財団法人アイスタイル芸術スポーツ振興財団からの助成による展示です。是非ご高覧下さい。

http://g-tokyohumanite.jp/exhibitions/2018/0611bis.html

全文提供:ギャルリー東京ユマニテ


会期:2018年6月11日(月) 〜 2018年6月30日(土)
時間:10:30-18:30(最終日17時迄)
休日:日曜日
会場:ギャルリー東京ユマニテ

最終更新 2018年 6月 24日
 

関連情報


| EN |