| EN |

Robert Bosisio “Paintings”
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2018年 2月 13日

© Robert Bosisio, Courtesy of the artist and 104GALERIE

104GALERIE(東京・池尻大橋)は、2018年3月23日(金)より、イタリア出身のアーティスト、ロバート・ボシシオの個展 “Paintings” を開催いたします。

ボシシオは1963年イタリア北部トローデナに生まれ、ウィーン美術アカデミー(The Academy of Fine Arts in Vienna)を卒業後、ベルリン、ニューヨーク、ロンドンにて芸術を学びました。現在はトローデナ(イタリア)、クルジュ= ナポカ(ルーマニア)、ベルリン(ドイツ)の3都市のアトリエを拠点に制作活動を続けています。

これまでに、アートセンターHugo Voeten(ベルギー/2014年)、ギャラリーGalerie Doris Ghetta(イタリア/2013年)、国立美術館MUZEUL DE ARTA(ルーマニア/2010年)の他、オーストリア・ドイツ・スイス・アメリカなどで個展を開催。また数々の賞を受賞し、その作品は世界的にも高い評価を得ています。

ボシシオにとって日本初となる本展では、近年描いてきた新作の人物画を中心に、長年に渡り研究を続けてきた、空間を描いた「インテリア」シリーズ数点を104GALERIE、104GALERIE-R の2会場にて展覧いたします。

ロバート・ボシシオの絵は抽象画だろうか、具象画だろうか。観る者が思わずそんな問いを口にするのは、作品との距離や、そこに当たる光や影など、環境によって大きく変化する表象を目の当たりにするからです。ある作品は近距離で見ると曖昧な抽象画のように見えます。しかし数歩下がって全体を捉えた時、そこにはイメージ全体の輪郭が現れるのです。このボシシオ作品独特の効果は、用いられるオイル、テンペラ、灰、砂、ワックス、石膏などが重なってできる複雑なテクスチャーの層が織りなすものです。また彼の深い思考はその制作過程にも反映されています。時には古典的とも言える手法で描かれた風景画や人物像の具象性、それが自身の持つ抽象性とせめぎ合い、独自の領域に昇華しています。その交錯の中に潜む美が彼の作品の最大の魅力となり、観るものを惹きつけるのです。

ボシシオの近しい友人、そして良き理解者として20年来の交流がある映画監督のヴィム・ヴェンダースは、折に触れて彼に寄せる詩やテキストを発表しています。そこにはロバート・ボシシオの芸術に対する深い洞察と感動が込められています。

『見ること、そして信じること…』
ヴィム ヴェンダース

フェルメールにとってもそうであったように
ロバートにとって見ることは最上の喜びにして神聖な行為というだけでなく
彼の芸術において最も真なる主題である。
(それは彼が目を描く時だけではなく…)
彼のキャンバスが並ぶ、その前に立ち
彼は我々に(再び)その目で見させる、そして認識させる
21 世紀の今日においてもなお
絵画が表層を超越し
本質を捉え得ることを
我々に(再び)信じさせてくれるのだ
我々の世界が単なるモノで溢れているのではなく
そこには魂をもった確固たる物質が存在するのだということを

(2010年『Seeing is Believing…』より抜粋)

展覧会概要
展覧会タイトル:Robert Bosisio “Paintings”
会期:2018年3月23日(金) ー5月20日(日)
オープニングレセプション:3月23日(金)19:00-21:00
会場:104GALERIE、104GALERIE-R
住所:104GALERIE  東京都目黒区青葉台3-22-1 目黒ハイツ104
104GALERIE-R 東京都目黒区大橋1-6-4 GARAGE
営業時間:12:00-20:00
休廊日:水曜日

http://104galerie.com/

全文提供:104GALERIE


会期:2018年3月23日(金) 〜 2018年5月20日(日)
時間:12:00-20:00
休日:水曜日
会場:104GALERIE

最終更新 2018年 2月 23日
 

| EN |