| EN |

野村在展「まきもどせない」
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2017年 7月 05日

(c)野村在

双ギャラリーでは7月8日より野村在展を行います。
野村在は昨年のあいちトリエンナーレにも出展した作家で、双ギャラリーでの展覧会はグループ展を含めて3回目にあたります。

野村の作品は主に写真と彫刻が主体です。
今展覧会も写真が主体になっていますが、彫刻の展示とパフォーマンスを行う可能性があります。

今回の作品は、
dying、incarnation、100years、milk、21,3mgなどをモティーフにして発表する予定です。


「花を枯らす(dying)
その枯れていく時間、ずっとシャッターは開いたままにする
それぞれの花が枯れていく様を、一枚のフィルムに辛抱強く焼き付ける

束になった花が自重で朽ちてゆく様
花弁が変色してゆく様
散りながらもカビを生やしていく様

それらを、その時間を1枚に定着させる」

野村の言葉のように、花を枯れさせる2週間余りの時間も作品の一部と言えるでしょう。
開けっ放しのレンズから妖しいまでの美しさが現れてきます。

野村の過去の作品に、花火に引火させその痕跡を撮影するというものがありますが、コンセプトとはかけ離れた美しさがありました。
見えるもの、見るものを写し取るという作業でなく、行為の中から自然に生まれる「美」というものの存在に気づかせてくれるのを実感させてくれます。
今回他のテーマもありますが、ものそのものに内在する美しさを見せてくれるものと思います。

http://www.soh-gallery.com

全文提供:双ギャラリー


会期:2017年7月8日(土) 〜 2017年8月6日(日)
時間:13:00~18:00(日曜日は17:00まで)
休日:月~木曜日
会場:双ギャラリー

最終更新 2017年 7月 28日
 

関連情報


| EN |