| EN |

飯田哲夫 蛇目 松山 賢 3人展「Radical;Exquisite」
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2017年 7月 08日

飯田哲夫 蛇目 松山 賢 3人展「Radical;Exquisite」

視覚に強烈に訴えてくる、モチーフ、マテリアル、色、フォルム、マチエール。 刺激的にも魅力的にもみえる三者の作品は、それぞれが鑑賞者の心の奥にいる”誰か”に”何か”を訴えるようでもあります。
彼らは何を語り、何を表象しているのでしょうか。
作品から滲み出る彼らのイデアをどうぞご堪能下さい。

■会期
2017/7/18(火)-7/30(日) ※7/24 月曜休館
11:00-20:00 ※最終日は18:00まで
[Reception Party] 7/22(土) 18:00-20:00

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 2F ACT5
TEL 03-3341-3253

■webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT175/rad.html

■出展作家
飯田哲夫/蛇目/松山 賢 (敬称略、五十音順)

■作家紹介
飯田哲夫 Tetsuo Iida
http://e-tetsu.com/art/

金融関連のビジネスに取り組みながら、そこで感じた問題意識と着想を作品に結実させています。特に今は、資本主義の限界と新しい価値観の構築というテーマに強く関心を持っています。開拓のフロンティアが失われるなか、限られた資源を適切に配分できず、社会の格差が拡大しています。そろそろ我々は、成長を前提とした資本主義を脱却して、新しい価値観を構築すべきときに来ているのではないでしょうか。

1992年 東京大学文学部仏文科卒業。
1995年 美学校造形基礎工房修了。

2009年 「Ambivalent Images」 The Artcomplex Center of Tokyo (ACT)
2010年 「Ambivalent Images Ⅱ」 ACT
2011年 「melting borders」 ACT
2012年 「Color Code」 ACT
2013年 「Mutation」 ACT   
2014年 「Mixed」 ACT 
2015年 「Doubt the Boundaries」 ACT
2016年 「Capitalism and Beyond」 ACT
2017年 「too fast, too accidental」 ART FOR THOUGHT

============

蛇目 HEBIME
http://blog.goo.ne.jp/emibeh

僕の作品にこれという理念や主義主張はありません。ただ制作するのは精神的に不安定な僕が自分の存在を確認し、自分の中での自己喪失を防ぐため、展示活動をするのはコミュニケーション能力に乏しい僕が作品を通して人と接触し、自分の存在を認識してもらうため。内側と外側に対して少なくとも過去から現在のこの瞬間まで僕はここにいると作品だけが証明してくれます。

1982年生まれ うつ病で高校を中退しヒキコモリ状態の中で絵を描くようになる。
20歳頃から水性マーカーによる線描画をはじめる。27歳頃から現在の絵具を積層して削り出す作風になる。

個展
2010 Paranoia @Factory Kyoto/京都
2011 Lab work @アートスペース亜蛮人/大阪
2011~16  Lab work @歩歩琳堂/神戸
2013~16  Lab work @軽井沢ニューアートミュージアムギャラリースペース/軽井沢
2014~16  Lab work @TS4312/新宿

グループ展
セルフトートアート展 @YODギャラリー/大阪
テン年代二人展 @Factory Kyoto/京都
2012 あたらしい謎がきた @門真ルミエールホール/大阪
Melting Core @Gallery OUT of PLACE/奈良
2013  Kyoto Current 2013 @京都市立美術館別館/京都
2015 tamavivant 2015 @パルテノン多摩/東京
2016 語る抽象展 @アートコンプレックスセンター/新宿
他多数

============

松山 賢 MATSUYAMA Ken
http://pineart.exblog.jp/
http://www.geocities.jp/mt_pineart/

縄文土器、古代美術の文様や形態をもとにして、野焼きにより制作しています。

岩手県生まれ
京都市立芸術大学大学院修了
日本画制作を経て、人形、土器、彫刻を作りはじめる
最近は油彩画を主に制作、発表

2017年
個展
「縄文怪人土偶怪獣」
新宿タカシマヤ美術画廊、日本橋タカシマヤ美術画廊/東京
大阪タカシマヤ美術画廊NEXT/大阪〔 8月2日(水)ー 8日(火))

グループ展
「FACES and HEADS 2017」 みうらじろうギャラリー/東京
「新宿タカシマヤ美術画廊10周年企画 そして広がる」 新宿タカシマヤ美術画廊/東京
「バルチュスへのオマージュ」 みうらじろうギャラリー/東京
「ARTs OF JOMON in Kuala Lumpur」ISETAN The Japan Store Kuara Lumpur/クアラルンプール

2018年
個展
ACT地下ホール/東京 4月予定
横浜タカシマヤ美術画廊/横浜 予定

http://www.gallerycomplex.com/schedule/ACT175/rad.html

全文提供:アートコンプレックスセンター


会期:2017年7月18日(火) 〜 2017年7月30日(日)
時間:11:00-20:00 ※最終日は18:00まで
休日:月曜日
会場:アートコンプレックス・センター

最終更新 2017年 7月 28日
 

関連情報


| EN |