| EN |

野田裕示 〈外のちから〉
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2017年 6月 23日

≪WORK 2084≫ 2017 アクリル、麻布、木 / パネル 75.1x55.4cm

多摩美術大学卒業翌年の1977年初個展から一貫して支持体と絵画表現の有り様をテーマに制作に取り組む野田裕示(b.1952)。初個展後も国内外の美術館、画廊で発表を続け、2001年には芸術選奨文部科学大臣新人賞、さらに石彫の岡本敦生氏とのコラボレーション作品が現代日本彫刻展(2005年)で毎日新聞社賞を受賞。2012年には国立新美術館(東京)で大規模な回顧展が開催され、以降も精力的に発表を続けています。
3年ぶりとなる今回の新作展は80年代の初期作品に見られた箱形の支持体に、ペイントされたパネルと皺のよった麻布を組み合わせた作品で新たな展開を見せています。是非ご高覧下さい。

http://g-tokyohumanite.jp/exhibitions/2017/0626.html

全文提供:ギャルリー東京ユマニテ


会期:2017年6月26日(月) 〜 2017年7月15日(土)
時間:10:30-18:30
休日:日曜日
会場:ギャルリー東京ユマニテ

最終更新 2017年 6月 26日
 

関連情報


| EN |