| EN |

小山利枝子展「フローラの神殿」
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2017年 6月 15日

小山利枝子展「フローラの神殿」

小山利枝子展「フローラの神殿」

今回の個展では式田館長のご提案で深紅のバラをモチーフにした1993年制作の作品「花93-2」を展示する事になりました。昨年長野県のおぶせミュージアムで開催された小山利枝子展で、式田館長に過去の作品をご覧いただいた事が切っ掛けです。
そこで三度目になる今回のアートコンプレックスセンターのメーン会場である大空間は1993年制作から最新作まで大作をピックアップした構成にいたします。
第一回VOCA展に出品した「光ー誕生」等、現在と同じく花をモチーフにした作品でありながら、醸し出される雰囲気は全く異なり新鮮な印象を持っていただけると思います。

ある日道端に咲いていた真っ赤な百日草を覗き込んだ事が切っ掛けで、花をモチーフにした制作をスタートし30年以上も花を追いかけて来ましたが、表現自体は時間の経過と共に変化してきた様子をご覧いただけます。もちろん小品も含め新作も多数展示いたしますので、どうぞご覧下さい。

小山利枝子


お待たせしました。ACT 3回目の小山ワールドが始まります。
2016年に郷土「長野・おぶせ」で彼女の勝負カラーに出会いました。なんと「赤」です。

「どうしても、この作品を会場の入口にかざりたい」
そんな思いを作家にぶつけました。

描くことの情熱と、作家の雄大さが、見る人を釘づけにします。
前回を上回る美しさと躍動感を体感してください。
絶対、裏切りません。

The Artcomplex Center of Tokyo 館長 式田 譲


■会期
2017/7/19(水)-7/30(日) ※月曜休館
11:00-20:00 ※最終日は17:00まで

■会場
The Artcomplex Center of Tokyo
160-0015 東京都新宿区大京町12-9 B1F artcomplexhall
TEL 03-3341-3253

■webページ
http://www.gallerycomplex.com/schedule/Hall17/koyama_rieko.html

■作家紹介
小山利枝子 http://www003.upp.so-net.ne.jp/kaigakan/

1955 長野県長野市に生まれる
1979 東京芸術大学美術学部絵画科油画専攻卒業

主な展覧会・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1994
VOCA展上野の森美術館東京
偏在する波動,マニラ市メトロポリタン美術館
立ち上がる境界 辰野町郷土美術館、辰野

1997
山種美術館賞展 山種美術館、東京 

2001
光とその表現展 練馬区立美術館、東京
日中友好女流画家展,現代中国美術館.小布施

2002
彼女たちが創る理由,長野県立信濃美術館,長野

2004
種子の秘密.文化庁買い上げ優秀美術作品

2006
6の視点展 小布施ミュージアム,小布施
文化庁海外研修制度によりオランダ滞在 

2008
絵画のコスモロジー展,多摩美術大学美術館,東京
ドマーニ明日展 国立新美術館

2009
花美と生命のイメージ展 横須賀美術館
未知の記憶 横須賀美術館収蔵

その他 個展グループ展多数

http://www.gallerycomplex.com/schedule/Hall17/koyama_rieko.html

全文提供:アートコンプレックスセンター


会期:2017年7月19日(水) 〜 2017年7月30日(日)
時間:11:00-20:00 ※最終日は17:00まで
休日:月曜日
会場:アートコンプレックス・センター

最終更新 2017年 6月 29日
 

関連情報


| EN |