| EN |

特集展示 おはなしのなかへ
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2017年 5月 27日

野長瀬晩花《女優》1947 顔料、紙

和歌山県立近代美術館、夏のコレクション展の特集展示は「おはなしのなかへ」。
美術作品が作られるきっかけの一つに、いろいろなおはなしを形にするということがあります。
実際に起こったできごとや考え出されたものがたりが、語り継がれ、書きとめられて、おはなしとして伝えられてきました。そんなおはなしに想像力、つまり何かの姿や形を思い描く力を刺激されて、多くの美術作品が生まれています。
神話や伝説、ものがたりを元にした作品もあれば、作品そのものが一つのおはなしであるような作品、そしておはなしを演じる俳優や、舞台を描いた作品など、おはなしと美術の関わりかたもいろいろです。
おはなしを通じて作品のなかへ、そして作品からおはなしのなかへ入っていきましょう。
およそ30人の作家による100点をご紹介する予定です。

【関連事業】
■こども美術館部「それはそうぞうだそうだぞう」(小学生対象の鑑賞会)
【日時】6月17日(土) 14:00から会場にて(当日開始時間までに要受付)

■担当学芸員による展示解説
【日時】6月4日(日)、7月16日(日)、9月2日(土) 14:00から会場にて(要観覧券)

http://momaw.jp/

全文提供:和歌山県立近代美術館


会期:2017年5月30日(火) 〜 2017年9月10日(日)
時間:9:30〜17:00(入館は16:30まで)
休日:月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始、展示替え期間。
会場:和歌山県立近代美術館

最終更新 2017年 8月 17日
 

関連情報


| EN |