| EN |

VOCA展2017 現代美術の展望ー新しい平面の作家たち
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2017年 3月 20日

幸田千依「二つの眼を主語にして」(VOCA賞)

現代アートにおける平面の領域で、若手作家の登竜門として20年以上の歴史を持つVOCA展が、上野の森美術館で開催されている。
グランプリとなるVOCA賞を受賞した幸田千依による「二つの眼を主語にして」をはじめ、VOCA奨励賞の上田良、鈴木基真、佳作賞の村上華子、青木恵美子(大原美術館賞も受賞)など、今後の活躍が期待される新進気鋭の若手35名の作品を、3月30日まで展示する。なお、別館ギャラリーでは「VOCA展2007」出品者・金氏徹平による個展「記号は記号ではない」も同時開催中だ。

http://www.ueno-mori.org/

全文提供:上野の森美術館


会期:2017年3月11日(土) 〜 2017年3月30日(木)
時間:10:00 - 18:00
休日:会期中無休
会場:上野の森美術館

最終更新 2017年 3月 26日
 

関連情報


| EN |