| EN |

たかオうるの - 底 -
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2016年 6月 18日

展覧会イメージ

現代美術の「器」として機能してきた画廊、ホワイトボックスと称されるその空間において、壁の「白」は「何もない」すなわち「0」を意味していると考えられます。作品が置かれるまで、そこは文字通り「何もない」のです。では床はどうでしょうか。なぜ床は「白」でないのでしょうか。いや仮に「白」く塗られていても、果たして「何もない」と言えるでしょうか。床は重力を受けとめて作品の存在を支える面ですが、同時に鑑賞者をも受けとめ、その結果、鑑賞者はその床からの反作用によって自らの身体そのもの感じ「私」という存在を意識せざるを得ません。作品がなくても。もちろんギャラリストもその反作用からは逃れられない。作品がなければなおさら。画廊の床とは彼にとって自らの存在が試される「底」であった。これはそういう種類の展覧会です。

http://homepage3.nifty.com/galleryk

全文提供:Gallery K


会期:2016年6月20日(月) 〜 2016年6月25日(土)
時間:11:30-19:00(土曜日は17:00まで)
休日:日曜日
会場:Gallery K

最終更新 2016年 6月 20日
 

関連情報


| EN |