| EN |

市川真也・宮本七生 曖昧/FOREVER
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2016年 6月 08日

出品作品より 左:市川真也、右:宮本七生

人の「顔」をモチーフに制作を続けている二人の作家による展覧会です。
市川真也の、一見軽やかでイラストレイティブな筆致による人物像は、作者にとってかけがえのない「存在」そのものに肉迫しようとする眼差しと、時を経ても変わらない「永遠」なるものへの理想化を秘めています。
一方、宮本七生は、人と人との関係、距離が日々刻々とゆらいでゆくことに注目し、特に「友人」と「恋人」という関係の曖昧さを、写真という方法によって、あくまで具体的に検証しようとします。
ともに人物と向き合うことを主題とし、人との関わり合いで見える自身の本質や、他者への眼差しの陰影を作品に反映しつつも、変化すること(曖昧)と変わらないこと(FOREVER)という対照的な視点が交錯します。

http://homepage3.nifty.com/galleryk

全文提供:Gallery K


会期:2016年6月13日(月) 〜 2016年6月18日(土)
時間:11:30-19:00(土曜日は17:00まで)
休日:日曜日
会場:Gallery K

最終更新 2016年 6月 13日
 

関連情報


| EN |