| EN |

表現される現在2015 ゼロイスト:人間というこわれやすい生き物
展覧会
執筆: 記事中参照   
公開日: 2015年 12月 07日

左上より時計回りに、松本真一、古賀 飛、石川雷太、宇留野隆雄、川村雅之、金 大仲

左上より時計回りに、松本真一、古賀 飛、石川雷太、宇留野隆雄、川村雅之、金 大仲
【 記事本文 】  昭和初期から2001年に他界するまで抽象芸術のパイオニアであり続けた美術作家、斎藤義重が、晩年に独自の教育理念を具現化させたのが東京芸術専門学校(Tokyo School of Arts = TSA)でした。その卒業生有志が毎年開催するグループ展が、「表現される現在」です。
副題となっている「ゼロイスト」とは、1950年の斎藤義重作品題名にちなみ、恩師へのオマージュを表するとともに、常に自らの表現のゼロ地点に回帰しつつ、また旅立つということを意味しています。

今回のテーマである「人間というこわれやすい生き物 」は、医師ルイス・トマスの著書『人間というこわれやすい種』 (晶文社1996 訳:石館康平、石館宇夫/ Lewis Thomas "The Fragile Species "1992 )に基づいています。地球の生命全体に包摂されながら、多様な他者と共存していくことが人間の絶対条件であり、作品をつくり表現するという行為も、その中の一環であるという思いが込められています。

http://homepage3.nifty.com/galleryk

全文提供:Gallery K


会期:2015年12月14日(月) 〜 2015年12月19日(土)
時間:11:30-19:00(土曜日は17:00まで)
休日:日曜日
会場:Gallery K

最終更新 2015年 12月 14日
 

関連情報


| EN |